アンチエイジング・マッサージ

正しいアンチエイジングマッサージとは?

アンチエイジング・マッサージ

マッサージで皮膚をこすり過ぎると、しわを悪化させることにつながりますが、マッサージそのものは肌の新陳代謝を促進させます。年齢を感じさせる肌にハリを与え、しわやたるみを解消するために非常に有効です。肌に余計な負担を与えないよう正しい方法でマッサージを行いましょう。

マッサージにはクリームやゲルなどを使用し、直接皮膚をこすらないように気をつけます。また肌を強く押すこともタブーです。人差し指は余計な力が入りやすいので、左右の中指・薬指・小指を使いましょう。ひとの皮膚、特に顔はとてもデリケートですので、できるだけ刺激を与えないように、優しくなでるようにマッサージしてください。

クリームやゲルなどを顔にのばすときは、たっぷりの量を使用しましょう。足りないと効果が落ちますから、経済的に負担の少ないマッサージ専用の商品もおすすめです。

まず、頬やあごの肉を親指と人指し指で軽くつまみます。そして、それをそっとひねって離すという動作を繰り返します。そうして顔全体を少しずつ摘むようにしてもみほぐしていきます。次に、口角からほおに向かって、中指・薬指・小指でマッサージします。ほうれい線に沿って肌を伸ばすようにするのがコツです。

目の周りは皮膚が薄く、たいへん繊細な部分ですから、余計な刺激を与えないように気をつけましょう。目頭を軽く押さえ、目頭から目尻にかけて眉の下を、目尻から目頭へ目の下を通るようにマッサージします。

額のしわは、額の上部と眉に指をあて、上下に引っぱるように伸ばしてください。ほおは左右のてのひらを包み込むようにあて、上下に小刻みに動かしながら、耳に向かって運んでいきます。その後、両耳の下を軽く押さえ、そのまま首筋を優しくなで下ろします。

お風呂上がりや洗顔後にマッサージを行うと、さらに効果が上がります。化粧品の有効成分も浸透しやすくなります。長い年月の間に刻まれたしわは、すぐに消せるものではありませんが、毎日のお手入れで肌を若々しく回復させていきましょう。