「しわ」ができる原因と対策について

しわができる原因と対策について見ていきます

「しわ」ができる原因と対策について

30代以降、しわで悩む女性は少しずつ増えてきます。このため、年を取ったらしわができて当然と考える女性は少なくありません。

確かに加齢は、しわができる原因の1つではありますが、以下で見るとおり、それ以外にも原因はあります。実際、自分の周りを見ても、同じ40代~50代の女性でも、しわのある方と目立たない方のような違いがあることに気付くはずです。

以下では、しわができる原因とその対策について見ていきます。

しわができる原因は?

1.年齢

しわができる原因の1つめは、年齢です。シワとは無縁の若いころは、肌に弾力があります。これは、「コラーゲン」と「エラスチン」といった成分が豊富にあるからです。

肌の内側には、真皮と呼ばれる層があります。ここに、コラーゲンとエラスチンが存在します。コラーゲンは網のような形をしており、真皮を支えます。その間を伸びる性質を持つエラスチン(弾力繊維)が支え、健康的な皮膚を維持しています。

歳をとると、コラーゲンやエラスチン(線維)を作る働きが弱まります。傷ついた繊維が新しく作りかえられずそのまま残り、これがしわの原因となります。

2.紫外線

2つめの原因は、紫外線です。ただ太陽の光を浴びるだけで、しわができていくのです。

紫外線にさらされる顔は、ダメージを常に受けます。結果としてシワができることを光老化といいます。 

また、紫外線はコラーゲンとエラスチンを攻撃します。少し日差しを浴びれば、数時間後にはコラーゲンを切断し、エラスチンの性質を変えてしまう酵素が生み出されています。

3.乾燥

3つめの原因は、乾燥です。うるおいを失った肌は、小じわのもとです。

カサついた肌は、角質の表面がめくれ、ひびが生じます。この部分から水分が出ていきます。そして弾力がなく薄い表面になり、小じわが刻まれます。

もともと肌には水分を保つ・外のダメージから守るといった働きがあります。しかし20歳くらいから、肌を保湿するアミノ酸と、角質細胞どうしを結ぶ細胞間脂質が失われ始めるので、乾燥しやすくなります。

4.日々の習慣

4つめの原因は、生活習慣です。ストレスやタバコは、コラーゲンを攻撃する活性酵素を作ります。また、眉間をしかめるなど、表情の癖もしわの原因になります。

5.ハリを作る成分の減少

5つめの原因は、肌のハリを支える成分の減少です。年をとると角質層の天然保湿因子(NMF)や、細胞間脂質などの成分も力が衰えていきます。女性ホルモンの減少によりコラーゲンやエラスチン、その間にあるヒアルロン酸も少なくなります。

しわを防ぐ対策について

1.紫外線

UVA・UVBを防げる日焼け止めをこまめに塗ることが大切です。

2.乾燥

保湿効果のある化粧品を使い、うるおいを保つよう心がけましょう。

3.生活

ストレスを感じたら息抜きを。また、十分な睡眠をとるなど日々の生活にも気を配りましょう。

今あるしわを減らす方法は?

1.効果的な化粧品・治療

しわを減らすためには、コラーゲンやエラスチンを補う化粧品を試してみるのもいいでしょう。 どうしても目立つしわを消したいのであれば、皮膚科などでボトックス注射、ヒアルロン酸注入などを行う方法もあります。